2007年07月28日

加齢臭の原因のノネナールの抑制には抗菌剤が有効:銀、銅、亜鉛化合物の無機系抗菌剤 やヒノキチオール精油の有機系抗菌剤:銀は有害と問題化:浄水器

資生堂は、200年に中高年特有の加齢臭の原因が不飽和アルデヒドの2-ノネナールであると突き止めました。

Wikipedia は「自身や自分の衣服から蝋燭・チーズ・古本の一つでも臭いがしたら加齢臭と考えて間違いない。加齢臭の原因のノネナールの抑制には、ノネナールの基質となる脂肪酸である9-ヘキサデセン酸の分解を抑える抗酸化剤と抗菌剤が有効である。加齢臭自体は機能性香料で抑えることができる」と言っています。

酸化防止剤(さんかぼうしざい)は、すでに紹介しましたので、今号の加齢臭情報では、加齢臭の原因のノネナールの抑制する抗菌剤について紹介します。

抗菌剤(こうきんざい)とは、微生物の増殖を抑制する物質の総称。ただし、その定義は曖昧で、殺菌剤、抗生物質、防カビ剤といった広い範囲での微生物を制御する物質を含む場合がある。ここでは、細菌の繁殖を抑制する物質にについて記述する

◆抗菌剤には、大きく分けて二つの種類がある。

@無機系抗菌剤

銀、銅、亜鉛化合物など、金属イオンの静菌作用を利用したもの。特に銀イオンによるものが効果が高く、主流となっている。

A有機系抗菌剤

有機物を利用した抗菌剤。さらに以下の二つに分かれる。

合成系抗菌剤
化学合成した有機化合物を利用したもの。

天然系抗菌剤
フィトンチッドなど、天然物質によるもの。ヒノキチオールなど、植物の精油を利用したものが多い。

(引用先Wikipedia)。


posted by ひと at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 加齢臭 対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

加齢臭 石鹸の柿渋石鹸:女性 加齢臭はわきがより悪臭:米女性のわきがはセックスアピール 

男性用加齢臭石鹸として、目下注目を集めているのは、通販の柿渋せっけん(一個2100円、3個セット5500円)です。体験者の群馬県の小林 滋昌さん(51才)のにっこり顔と共に目立っています。

「柿の渋みが加齢臭に!!というフレーズが気になり、ダメもとでこの石けんを買ってみました。届いて 晩、早速、お風呂で試すと・・・

モコモコモコッ!!と泡のたちが妙に素晴らしいんです。
実際に洗い始めると ・・・「うはっ♪」毛穴の一つ一つまで妙に気持ちよく感じる!これは「もしかして!!」と何日か使っていると・・・ 驚きです!

えっ!何これ??と思っちゃうくらい 体がサッパリしているんです!!そのうち・・・妻の反応が少し変わってきて・・・勇気を出して聞いてみると・・・”良くなったんじゃない!”と!!

”よっしゃぁ!!”って感じです!!

実は、この言葉嬉しかったんです!妻にどう思われているかって、
大切なんですよね!これで妻とも良い感じになってきましたし、今では、驚くぐらい、積極的な自分になって・・・、さらに今、なんか毎日が楽しいんです!!ホントこの石けんサマサマですよ♪
ホントに感謝しています。ありがとうございました」(小林 滋昌さんの体験談)。
posted by ひと at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 加齢臭 石鹸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

年寄りの加齢臭は猫の小便より臭い:「消臭生活」のシャンピニオンエキスは腸内で善玉菌を発生:シーツや枕の臭い

私は93才の母を過疎村から1月から引き取って下の世話をしてますが、年寄りの加齢臭がすごいのを改めて実感しました。

オシメぱっと、オシメ、パンツ、長パンツ、トレパンと5重にしていても、おしっこや大便をオシメの中にすると、母が座ったり寝転んでいる座布団やじゅうたんや布団まで悪臭がつくのですね。

猫のおしっこも臭いですが、年寄りの加齢臭いのほうが、強烈です。

ヨーロッパの介護の現場では、年寄りの大便、小便、汗、口臭の臭いを消すために、マッシュルームからシャンピニオンエキスを介護の老人に飲ましています。

日本国内で、それを商品化したものが「消臭生活」です。シャンピニオンエキスは、アミノ酸、ポリフェノール、フラボイドなどからなり、悪臭成分と結びついて悪臭を中和し、腸内で善玉菌を発生させます。つまり、体内から悪臭を消していこうというものです。

シャンピニオンエキスは10年間使われている素材で、厚生労働省の安全検査の基準もクリアしています。
posted by ひと at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 加齢臭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

加齢臭 対策の抗酸化剤:ビタミンCやE・コーヒー豆・緑茶・ローズマリー:発ガン性のBHTやBHAは避ける

Wikipedia によれば、「加齢臭の原因であるノネナールの抑制には、ノネナールの基質となる脂肪酸である9-ヘキサデセン酸の分解を抑える抗酸化剤と抗菌剤が有効である。加齢臭自体は機能性香料で抑えることができる」と言っています。加齢臭 対策となる抗酸化剤の中でBHT、BHAは、発ガン性や有害性が高いようで、避けたほうが良いようだ。

◆加齢臭 対策の抗酸化剤

「酸化防止剤(さんかぼうしざい)とは製品中の成分の酸化を抑制するために添加される成分である。抗酸化剤、抗酸化物質ともいう。

例としてはビタミンC(アスコルビン酸)、ビタミンE(トコフェロール)、BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)、BHA(ブチルヒドロキシアニソール)、エリソルビン酸ナトリウム、亜硫酸ナトリウム、二酸化硫黄、コーヒー豆抽出物(クロロゲン酸)、緑茶抽出物(カテキン)、ローズマリー抽出物などが挙げられる。

酸化防止剤は製品中の成分の身代わりとなって酸化されることにより酸化を防止する。

食品に含まれる事もあるほか、飼料、ペットフードに添加される。 ペットフードにおいてはBHAとともに含まれる場合もある。 ペットフードについては国内では表示義務が無く添加、含有しているかは不透明である。 原産国がアメリカ産などの場合、海外では原材料全表示が義務づけられており海外のメーカーHPで確認できる。 ヒルズのc/d系などのように国内では表示していないが海外のHPにはBHT、BHAが含まれていることが表記してある。
posted by ひと at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 加齢臭 対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

加齢臭と歯槽膿漏の臭いは家族に迷惑で恥ずかしい思いを:部下や納入業者は小ばかにしながらお世辞:ブランド品が泣く

加齢臭と歯槽膿漏の臭いは、中高年齢になるとほとんどの人が通過しなければならない洗礼です。

しかも、性質が悪いのは、本人はほとんど気づいておらず、周囲の人間が迷惑したり恥ずかしい思いをします。

加齢臭と歯槽膿漏の臭いを発散させている人が地位や肩書きやお金を持っている場合は、こっけいですね。部下や納入業者は、本人に注意してご機嫌を損じる訳にもいかず、腹の中で小ばかにしながらお世辞を言ってます。周囲にいる家族は、それを知っているだけに恥ずかしいですね。

本人はブランド品で身を固めていますが、そして口で立派なことを言ってますが、たとえが下品かも知れませんが、自分の顔に自分の大便を塗りつけて歩いているようなものです。

「加齢臭(かれいしゅう)は、中高年特有の体臭の俗称。

2000年12月11日に、資生堂の研究所により、中高年特有の体臭の原因が不飽和アルデヒドの2-ノネナール(C9H16O、分子量 140.223 g/mol、CAS番号 2463-53-8)であることが発見された。この体臭は、資生堂により、加齢臭と言う名称が付けられた。

加齢臭という言葉が一般的になり始めて間もない頃に、カレー臭と思いカレーライスの臭いだと勘違いする者も存在した。
posted by ひと at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 加齢臭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。