2007年07月18日

加齢臭 対策の抗酸化剤:ビタミンCやE・コーヒー豆・緑茶・ローズマリー:発ガン性のBHTやBHAは避ける

Wikipedia によれば、「加齢臭の原因であるノネナールの抑制には、ノネナールの基質となる脂肪酸である9-ヘキサデセン酸の分解を抑える抗酸化剤と抗菌剤が有効である。加齢臭自体は機能性香料で抑えることができる」と言っています。加齢臭 対策となる抗酸化剤の中でBHT、BHAは、発ガン性や有害性が高いようで、避けたほうが良いようだ。

◆加齢臭 対策の抗酸化剤

「酸化防止剤(さんかぼうしざい)とは製品中の成分の酸化を抑制するために添加される成分である。抗酸化剤、抗酸化物質ともいう。

例としてはビタミンC(アスコルビン酸)、ビタミンE(トコフェロール)、BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)、BHA(ブチルヒドロキシアニソール)、エリソルビン酸ナトリウム、亜硫酸ナトリウム、二酸化硫黄、コーヒー豆抽出物(クロロゲン酸)、緑茶抽出物(カテキン)、ローズマリー抽出物などが挙げられる。

酸化防止剤は製品中の成分の身代わりとなって酸化されることにより酸化を防止する。

食品に含まれる事もあるほか、飼料、ペットフードに添加される。 ペットフードにおいてはBHAとともに含まれる場合もある。 ペットフードについては国内では表示義務が無く添加、含有しているかは不透明である。 原産国がアメリカ産などの場合、海外では原材料全表示が義務づけられており海外のメーカーHPで確認できる。 ヒルズのc/d系などのように国内では表示していないが海外のHPにはBHT、BHAが含まれていることが表記してある。


posted by ひと at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 加齢臭 対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。