2007年07月28日

加齢臭の原因のノネナールの抑制には抗菌剤が有効:銀、銅、亜鉛化合物の無機系抗菌剤 やヒノキチオール精油の有機系抗菌剤:銀は有害と問題化:浄水器

資生堂は、200年に中高年特有の加齢臭の原因が不飽和アルデヒドの2-ノネナールであると突き止めました。

Wikipedia は「自身や自分の衣服から蝋燭・チーズ・古本の一つでも臭いがしたら加齢臭と考えて間違いない。加齢臭の原因のノネナールの抑制には、ノネナールの基質となる脂肪酸である9-ヘキサデセン酸の分解を抑える抗酸化剤と抗菌剤が有効である。加齢臭自体は機能性香料で抑えることができる」と言っています。

酸化防止剤(さんかぼうしざい)は、すでに紹介しましたので、今号の加齢臭情報では、加齢臭の原因のノネナールの抑制する抗菌剤について紹介します。

抗菌剤(こうきんざい)とは、微生物の増殖を抑制する物質の総称。ただし、その定義は曖昧で、殺菌剤、抗生物質、防カビ剤といった広い範囲での微生物を制御する物質を含む場合がある。ここでは、細菌の繁殖を抑制する物質にについて記述する

◆抗菌剤には、大きく分けて二つの種類がある。

@無機系抗菌剤

銀、銅、亜鉛化合物など、金属イオンの静菌作用を利用したもの。特に銀イオンによるものが効果が高く、主流となっている。

A有機系抗菌剤

有機物を利用した抗菌剤。さらに以下の二つに分かれる。

合成系抗菌剤
化学合成した有機化合物を利用したもの。

天然系抗菌剤
フィトンチッドなど、天然物質によるもの。ヒノキチオールなど、植物の精油を利用したものが多い。

(引用先Wikipedia)。


posted by ひと at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 加齢臭 対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。