2008年08月20日

適度の腐臭の体臭 加齢臭の効用:強い腎臓・強い意思・骨折しにくい

体臭 加齢臭が近年盛んに騒がれるようになりましが、適度の体臭 加齢臭は健康な証拠で、気にする必要がありません。かえって、無臭のほうがおかしいです。

腎臓は腐った臭いを出し、肺は生臭い臭いを出し、心臓はこげ臭い臭いを出し、肝臓は油臭い臭いを出します。これらの内臓が、鍼灸の経脈で体の表面、特に足指、手の指、顔の表面とつながっていますので、これらの臭いが混じった臭いがする訳です。

これらの臭いが適度にあるのは、内蔵が健康に働いている証拠であり、嫌な体臭 加齢臭だと騒いで気にする必要が、それぞれ、ない訳です。悪臭程度になれば、問題ですが、、、。

すい臓は香臭の臭いがして、香臭は歓迎されますが、他の臭いが適度にないとは、腎臓、肺、心臓、肝臓が弱いと言うことになります。


posted by ひと at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 体臭 加齢臭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。